の最近のブログ記事

虫歯の原因


病院が嫌いです。


耳鼻科と歯科医院は特に嫌い。
以前虫歯になってしまった時もかなり長い事痛いのを我慢して病院に行かなかったんです。
結局、友人の家に遊びに行った際にバレて
近くの歯科医院に連行されてしまったんですけれど。
そのおかげで無事に完治できたので今は感謝してますが...。
で、そこで教えてもらったんですけど虫歯の原因は口に残った食べかすなんですって。
まぁその辺は常識だと思うんですが、
その食べかすを元にしてミュータンス菌という細菌が
粘々したノリみたいなのを作るんだそうです。

それが歯垢と呼ばれるものなんですけど
その中で糖分が分解されて酸とか毒素を作り出し、
歯を溶かしてしまうんだとか。

甘いものを食べると虫歯になりやすいっていうのは、
糖分の多い食べかすは細菌に好まれやすいからっていう理由があるからなんですって。
えーっと、今これ書いてて思い出したんですが治療後
「定期的に検診に来てほしい」って言われてたような...。

どうしよう、もうかなり経ってるししかもその時に行ったのって
京都の歯科医院さんなんで私の住んでるところから結構遠いんです...。
色々怖いけど、来月にでも行ってみた方がいいかな?
行ってみた方がいいよね?

歯に必要な栄養素

歯に必要な栄養素と言えば、カルシウムですよね。
実はその他にもタンパク質やビタミンなども歯にとってはかなり大事な栄養素なんです。
なぜなのかと言うと、タンパク質は歯の土台を作るために必要不可欠な存在なのです。
更に、ビタミンはカルシウムを補助してくれる働きがあります。

これらの栄養素を摂取することによって、健康な歯が作られるのです。

では、その栄養素が含まれている食べ物はどういったもの何か、ご紹介していきます。

eggs.jpg

●カルシウム...牛乳、チーズ、ヨーグルト、魚介類など

●タンパク質...卵、大豆、乳製品など

●ビタミン...豚肉、ほうれん草、レバーなど

上記はほんの一部ですので、まだまだたくさんあります。
乳製品はカルシウム、タンパク質が豊富に含まれているので、かなり良い食材ですよね。
さらには、食物繊維が入っているごぼうやレタス、ゴマなどもかなり歯には良いとされています。
もちろんこれらの栄養素はかなり重要な要素ですが、良く噛むことが歯にとっては一番大事な事ですので、上手く取り入れて、いつまでも若々しい健康な歯でいましょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは大阪の矯正歯科です。

次のカテゴリは歯科の開業です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。