洗顔石鹸の最近のブログ記事

洗顔石鹸で洗顔してますか?

洗顔には何を使っていますか?
一昔前はチューブタイプの洗顔フォームが主流でしたが最近では洗顔石鹸で洗顔する人が増えています。
それではどんな洗顔石鹸が世の中出回っているのか気になるところですよね。
洗顔石鹸にも色々タイプはあります。
ただ...どの洗顔石鹸が人気なのか...人気のある洗顔石鹸を選べばいいのかと悩む前にご自身の肌の状態をよく知ることが大切です。
世間的に人気の洗顔石鹸でももしかしてあなたに合わないかもしれません。
特に敏感肌の人は慎重に選ぶ必要がありますよね。
ただ...こればかりは実際に使ってみないと分かりません。
よって購入前に無料のお試しセットなどの洗顔石鹸で実際に使い勝手を調べてみるのが一番です。
とは言え、最近の洗顔石鹸は、あれこれと色々な成分が含まれていることはない為、ご自身の肌質を知ることにより多少選び易い傾向にはあります。
乾燥肌であればオリーブ油が原料となっている洗顔石鹸を選んだり、脂性肌であればパーム油やココナッツ油を使っているものを選ぶといいでしょう。

誰でも毎日1~2回、顔を洗っていますよね。でも、その洗顔方法は正しいですか?
今日は、正しい顔の洗い方を紹介します。

1.手を綺麗に洗う
手が汚いまま石鹸を泡立てると、泡に汚れが含まれてしまいます。顔を洗う前に、しっかり手を洗います。
2.洗顔石鹸を適量手のひらに載せる。
石鹸の量は、多すぎてもあまりよくありません。何度か試して適量を見極めましょう。
3.泡立てる
少量ずつ水を加え、反対の手の指先で泡立てます。一気に水を加えると泡立ちません。
4.泡を細かくする
しっかり泡立てると、だんだん泡が細かくなってきます。できるだけたくさん泡立てて、泡を固くします。
5.顔を洗う
泡がしっかり立つくらいまで泡立ったら、その泡を潰さないようにそっと顔に載せて、手のひらで優しく洗います。
直接肌に触れないくらいデリケートに洗うくらいでちょうどよいです。
6.流す
しっかり洗えたら、ぬるま湯で顔を注ぎます。シャワーを直接肌に当てると刺激が強いので、手のひらでお湯をすくって流します。
しっかり泡を流さないと、肌荒れの原因になります。
7.拭く
清潔なタオルを顔に押し付けるようにしてそっと拭きます。ごしごしこすると肌が傷つきます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち洗顔石鹸カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは歯科の開業です。

次のカテゴリは育毛です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。