歯科医院の増加の背景

道を歩いていても、求人情報を見ていても、やたらと歯科が目立つ。
歯科の数はコンビニの数よりも多いと言われているが、確かにそうだと実感できる。
では歯科はなぜそんなに多いのか?
そんなに簡単に歯科は開業できるものなのか?

調べてみると、歯科の軒数増加の背景には、歯科医師過剰問題もあるようだ。
医学部(すべての診療科目)の卒業者が年間約8,000人であるのに対し、
歯科部だけの卒業者は年間約3,000人になるらしい。
歯科が増えることで競争が激化した結果、
経営が悪化し廃業せざるを得ない歯科が出ているにもかかわらず、
それでもなお歯科軒数が増加し続けている状況を見れば、
いかに歯科医師が過剰に誕生しているかが推測できる。

土日診療を行う歯科や様々な特色を打ち出した歯科が出来ると、
患者側にとっては選択肢が増えるというメリットがあるが、
歯科医師過剰問題をこのままにしておくと
歯科同士が共倒れになってしまう危険性があるのではないのだろうか。

dental.jpg

このブログ記事について

このページは、adminが2012年1月25日 10:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウォーターサーバーの基礎知識」です。

次のブログ記事は「将来を考えてみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。